【雑学】ED治療の歴史 - 勃起にまつわる人類史

ED治療の歴史

人類が勃起という生理現象を発見してから、自分のは柔らかいままで硬くならないと悩むようになったと言われているくらい、EDと人類の歴史は密接している言えます。紀元前1,700年の古代エジプトの古文書にも、勃起効果を高める秘訣が記された資料があるくらいです。

またインド二大古典医学書の一つ「スシュルタ・サンヒター」にもED治療について書かれているとのこと。このインドの古典医学書はその後2,000年近くも使われてきた医学書で、アーユルヴェーダを代表する伝統医学となっています。西洋では動物の睾丸を食べることが、EDに効くと信じられていました。ローマ帝国時代はヤギやオオカミの睾丸をツビしたエキスがED治療に効くとさえ信じられていました。しかし、これにはプラシーボ効果を除けば、医学的根拠は無く、効果が無いと分かっています。

現代の医療レベルから見たら、中にはどんでもないと思われる治療法も存在していました。しかし、それでもEDを治したいという男性の強い願望を見てとれます。本格的なED研究につながるのは19世紀頃で、中でも勃起のメカニズム等の科学的な情報はこの30年の間となり、人類史=EDとの戦いとも呼べる長い歴史と比べると、実は非常に浅いのが現実です。つまりちょっと前までは、誤った治療が行われていたりもしていたのです。

睾丸移植

1863年に「犬の骨盤の神経に電流を流した所、犬がそれに反応して勃起した」という事実がわかるまで、勃起と神経の関連性はまったく無視されていたのです。勃起は精神的なものという風潮が主だった中、科学的なアプローチによる解明により、EDの治療が現在の研究の流れになっていたのです。しかし、現在のED研究に至るまでに睾丸移植をすることで、若返り効果がるということで、実際に移植が行われれいた事実もあります。しかも1920年代にはサルの睾丸をスライスして移植することで、若返り効果があるとして、巨額の富を得た医者もいた程です。

この睾丸移植は、男性ホルモンの1種であるテストステロンの研究が進むことで、若返り効果が無いことが証明させるまで、移植手術を希望していた一部の富裕層には信じられていたのでした。

バイアグラの承認

世界初のED治療薬として有名なバイアグラは、1998年3月27日に、米国食品医薬品局に承認されました。ED治療の経口薬として、初めて認可された薬となりました。ここに至るまでに、こうした数々の歴史があった事を忘れてはいけないのです。EDを治すという、古来からの男性の悩みを解消してくれる素晴らしい薬が、現在では気軽に手に入ります。ペニスに関する歴史を知ることで、1錠飲むだけで気軽に勃起できる事の素晴らしさをより実感できるでしょう。

参考資料 ペニスの歴史 デビッド・フリードマン著 井上廣美訳

ED治療薬お試しセット

ED治療薬お試しセット
世界で最も広く使用されているED治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を3種類を1箱ずつ詰め合わせ それぞれ個別に購入するよりも圧倒的に安いお得なセット商品です。

評価:4.4

    セット内容
    バイアグラ100mg:1箱(4錠)
    レビトラ20mg:1箱(4錠)
    シアリス20mg:1箱(4錠)
    合計3箱 12錠
販売価格:16,980円
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
送料:無料
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。