シアリスの飲み方

シアリスを飲むタイミング

シアリスは、バイアグラと同様に効果の高いED治療薬として知られています。日本はもちろん、世界的にシェアの高い薬として、勃起不全に悩む、多くの男性の支持を集めています。
このシアリスの特徴はなんといっても、効果持続時間の長さ。性行為の3時間前に服用すると、ちょうど効果が現れ、その後30時間以上も効果が持続します。ということは、厳密に服用時間を計算する必要はなく、シアリスを飲んでさえいれば、その日の性行為を楽しむことができるということです。それは他のED薬にはない、最大のメリットといえます。たとえば、バイアグラやカマグラゴールドは、4~6時間しか効果が継続しないため、ピンポイントで効果を発揮したい時間に併せて服用する必要があります。ところが30時間以上もの効果を持続できるシアリスであれば、夜の時間帯に数回、さらに翌朝までも性行為を楽しむことができます。その日、デートの予定があったら、急なセックスにも対応できるのがこのシアリスという薬の良さです。

デートに最適なシアリス

このシアリスは、他のED治療薬と違って、食べ物やアルコールの影響が受けづらい薬です。そのため、デートの時に食事をしたり、アルコールを飲んでも安心。他の治療薬は胃から吸収されるので、脂っこい食事をすると効果が半減しますが、このシアリスは大丈夫なので、気にせずにいつもどおり、女性との会食を楽しむことができるという特徴があります。

シアリスの服用量

シアリスの標準的な服用量は、1日1錠、20mgです。これ以上の量を飲むと、強い副作用が発生する可能性があるので注意が必要です。ただし、このシアリスは体質によって、身体への負担が大きくなる可能性があります。心配な方は、少量ずつ服用して様子を見るという手があります。まずはピルカッターで錠剤を四分の一にカットして、少しずつ服用してください。少しずつ飲んだとしても、決して一日に20mg以上は服用しないでください。錠剤を飲む際には、なるべく胃を保護するために水と一緒に服用してください。アルコールとともに飲んでも良いのですが、調子にのってたくさんの量のお酒を飲んで酔っぱらってしまうと、たとえシアリスの効果には影響しないとしても、勃起した性器の感度が鈍ってしまい、性行為そのものが楽しめなくなってしまいます。

女性との旅行時に活躍するシアリス

持続時間が長いことで、一気に利用者が広がったシアリスは、日本国内で3番目に承認された、最新のED治療薬です。そのため、従来のED治療薬のデメリットを排除する目的で開発されました。効果が持続する時間が飛躍的に伸びて、効き目も若干マイルドで副作用が少なく、食事やアルコールの影響が受けづらいので、デートなど具体的なシチュエーションにおいて活躍できます。これはシアリスの最大の特徴といえます。
30時間という長い時間、効果を持続できるということで、彼女との旅行の前に服用することで、ムードたっぷりの性行為を楽しむことができます。旅行中はさすがに性行為の数時間前を特定して薬を服用することは難しく、そういったときには、このシアリスを一錠飲んでおけば、一泊旅行の途中なら、いつでも自信を持ってパートナーと愛を交わすことができます。

シアリスが実現する性器の固さ

やはり女性も、持続力の高い性器に対して行為を持ちます。ある調査によると、大人の女性になると、性器の大きさよりも持続性や固さを求めるようになるといいます。このシアリスは、バイアグラとは少し違った性器の固さを実現します。
バイアグラは、かなりカチンカチンに勃起しますが、このシアリスはごく自然な固さになります。ですので、好みにもよりますが、「どうしたの?」とびっくりされるのではなく、ごく自然に元気な状態になっているシアリス仕様のペニスの方が好感を持たれる可能性が高いです。