シアリスの副作用

副作用が非常に少ないシアリス

長時間に渡り効果が持続するということで、画期的な勃起不全治療薬として、瞬く間に普及することになったシアリス。バイアグラ、レビトラに次ぐ第三の治療薬として、従来薬のデメリットを改善し、多くの悩める患者を救ってきました。非常に効果の高い治療薬ですが、当然のことながら、それなりに副作用があることが調査によりわかっています。ところが、このシアリスの副作用を自覚しているのは、利用者の約30%弱となっており、バイアグラやレビトラ、カマグラゴールドなど他のED治療薬と比べて、非常に低い値になっています。
そのため、非常に副作用の少ない薬として認識され、それが多くの医療機関や患者に利用される理由にもなっています。
副作用が少ない理由についてはいくつか考えられるのですが、恐らく持続時間が30時間以上と長いため、身体に作用する力が分散されて緩まり、負担が小さくなっている点が指摘されています。非常にマイルドな効き目であることが、このシアリスの特徴のひとつであり、それがゆえに性器がカチンカチンになるバイアグラにくらべて、とてもナチュラルな硬さを実現するシアリスに人気が集まっているのです。
多くの女性は性器の大きさや固さにこだわるよりも、持続時間が長い方が喜ばれます。なぜなら女性はオーガズムに達するまでの時間が長いためです。バイアグラやカマグラゴールドは数時間しか効果を発揮しませんから、例えば夜の時間帯に数回、そして朝起きてもう一回と言うようなパワーを発揮することはできません。やはり女性からしてもシアリスの方が好ましいED治療薬と言えるのではないでしょうか。

シアリスの副作用の症状

少ないとはいえ、効果のある薬である以上、その裏返しとして副作用が生じます。臨床現場から報告があがっている副作用の代表例としては、頭痛や顔のほてり、消化不良や背中の痛み、鼻づまりなどの症状が見られます。まれに視覚への影響も懸念されます。目の痛みや結膜炎、時には色覚以上を起こすこともあります。しかし、これらの副作用はすべて一時的なものです。しっかり用量を守って服用していれば、薬効が薄れるにつれて副作用も収まっていきます。薬効が切れても、上記のような副作用だけが残るのであれば、一度、医療機関に相談にいくべきでしょう。
副作用の少ないシアリスですが、体質や持病の有無によっては、身体への負担が大きくなる可能性もあり、無自覚なままの服用は非常に大きなリスクを伴う可能性もあります。特に心臓や血管など循環器系に障害があり、そもそも性行為自体が身体に負担を与えるような人の場合、服用を避けた方が良いでしょう。狭心症、信金後続、脳こうそく、脳出血などに罹った経験がある人もシアリスの服用が大きな負担となります。

副作用が長引いたら医師に相談を

基本的には、このシアリスは医療機関で診断を受けて上で処方箋を発行してもらうことで購入が可能となる薬です。そのため、医師の診断を受ける際には上記のような症状についてしっかり伝え、判断を仰いだ方がよいでしょう。もしかしたら体質的にシアリスが合わなかったとしても、他の薬があります。そこはあきらめずに、しっかり自分の身体にあった薬を選んで服用しなくては、せっかくの性行為を楽しむことができなくなります。
このシアリスは個人輸入業者を通じて、インターネット通販で海外から購入することも可能ですが、上記の理由から、特に初めて使用する人にはおすすめできません。一度、医師の診断を受けて処方薬を服用し、なんら問題がなければ、安価な輸入品を購入するのも良いかもしれませんが、服用量などを絶対に間違えてはなりません。身体に不調が現れたら即刻、服用を中止して、医師に相談したほうが良いでしょう。