カマグラゴールドの副作用

ED治療に効果が高いカマグラゴールド

カマグラゴールドは、勃起不全、いわゆるEDの治療薬として世界的に知られるバイアグラのジェネリックとして、多くの男性に使用されている治療薬です。ジェネリックは、正規薬とまったく同じ処方で製造されているにも関わらず、安価であるという特徴があるため、あっという間に多くの支持を集めるに至りました。
やはり性行為の途中で性器が萎えてしまうEDは、男性にとって大きな悩みの種です。SEXを楽しめないだけでなく、パートナーの女性の失望も生み、男性としての自信も失ってしまいます。このEDは、れっきとした病気です。最初は、一時的な症状だったのがやがて慢性化し、どんなに興奮しても性行為の途中で中折れしてしまうようになります。このEDが病気である以上、しっかり医療機関で治療する必要があります。基本的には投薬治療が中心になります。またEDが再発したり、治療が長引いて通院が難しくなったり、治療費の負担が大きくなった場合、治療時に処方されていたバイアグラなどと同等の効能が謳われているカマグラゴールドを独自に入手して、必要に応じて服用するのが有効です。

カマグラゴールドの主な副作用

このカマグラゴールドはバイアグラと同様、効果の高い薬であることは間違いないのですが、やはりどのような薬でも見られる副作用の可能性があることは認識すべきでしょう。いくつかの副作用の症状が報告されていますが、最も顕著に現れる副作用が、頭痛やのぼせです。顔がほてったり、熱を帯びたり、赤らんだりしたら、それはカマグラゴールドの副作用だと考えるべきでしょう。しかし、カマグラゴールド服用の目的である性行為にはなんら影響はありません。 逆に言えば、この副作用が表れているということは、カマグラゴールドが効果を発揮しているという表れでもあります。これらの副作用は性的な興奮とともに現れ、それとともに自然に収まってくるものです。もしも、性的興奮が収まり、時間が経過してもまだ、顔の赤みやほてりなどが取れない場合で、気になるようでしたら医師に相談してみるのも良いでしょう。
また、吐き気や下痢など、消化器系の副作用を伴うケースも見られます。これは、元々、お腹が弱いなど自覚のある方々に多くみられる副作用のようです。これは何度か服用するうちに身体が慣れてくる、いわゆる免疫ができてくるような形で徐々に収まっていくのが一般的のようです。それでも収まらない場合、体質にあっていないということが考えられるので、カマグラゴールド以外の薬に切り替えてみるのも手です。シアリスやレビトラというED治療薬はカマグラゴールドに較べて、消化器への負担が少ないとされています。

副作用が現れたときの対処法

副作用が大きく出ている場合には、カマグラゴールドを飲む量を調整してみるのもよいでしょう。例えば、一般的な服用量とされている50mg(半錠)ではなく、その半分ぐらいの量からはじめてみるなど、工夫してみてください。それでも副作用が頻発し、重度になっていくようであれば、恐らくそれは、カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルが体質的に合わないということになるので服用を中止して、医師へ相談すべきでしょう。
確かに副作用は報告されていますが、それはED治療薬に限らず、様々な薬でもありえることですし、服用方法さえ間違えなければ大きな健康被害を引き起こす可能性は極めて少ないものです。副作用があるからといって、このカマグラゴールドの服用を躊躇するという考えを持つべきではありません。正しい服用法を遵守すれば、長年の悩みが解消され、再び性行為の喜びを体感できるのですから、トライする価値があると感じます。カマグラゴールドはネット通販でも安価に購入することが可能なので、一度試してみてはいかがでしょうか。