バイアグラの副作用

9割の使用者が副作用を体感

バイアグラはED治療に大変効果の高い薬として、これまで世界中の男性たちを救ってきました。その効果は、1998に発売になって以来、今も変わらず多くの男性の支持を集めている点からしても理解できると思います。バイアグラ以降、いくつものED治療薬が発売されましたし、そのどれも一定の評価を集めているのですが、やはり世の中にはじめて登場した勃起不全治療薬として、世界中の男性に与えたインパクトが大きいのでしょう。
性行為の途中で性器が萎えてしまう、そもそも最初から堅くならないなどの悩みを解決してきたバイアグラですが、効果が高いその反面で、副作用の報告もあがっています。それほど重度な副作用ではないにせよ、バイアグラを使用した多くの男性が何らかの副作用に悩まされており、ある医療機関の調査では利用者の実に9割の男性が副作用を体感したというデータが残されています。

バイアグラの副作用の症状

バイアグラの副作用のほとんどが顔のほてりや頭痛、動悸といった循環器系の副作用です。これらは、ある意味でバイアグラが身体に作用していることを示す、効果の現れとも捉えられます。ほとんどの場合、それらの副作用は軽微なものなので心配はありません。言うなれば、それはバイアグラが効き目を発揮している時だけに起こる副作用で、効果の消滅とともに自然に引いていきます。
血流をよくして勃起しやすい環境を作るというメカニズム上、目の充血や消化管に血が流れすぎることによって発生する消化不良や下痢などを引き起こす可能性もあります。さらに鼻づまりや視覚障害などの副作用があることも報告されています。
バイアグラの効果が継続するのは、およそ5~6時間程度です。上記の副作用はいずれも、性行為を行う上ではそれほど邪魔になるモノではありません。あまり気にせず自然に収まるのを待つべきでしょう。あまりにも長く副作用が続くようであれば、即刻服用をやめて医師に相談するようにしましょう。医師に相談する際には、どのような状況でバイアグラを服用したのか正しく伝えてください。もしかしたら服用の仕方を間違えているかもしれません。特に最近は、インターネットの個人輸入サイトを経由して、安価なバイアグラを購入するケースもあり、使用説明書が英語であるため、しっかり読まずに服用するというケースが散見されています。規定量以上のバイアグラを服用すると、当然、身体への負担も強くなり、副作用も強く、長引く可能性が生じます。

バイアグラのジェネリックの副作用

基本的には、はじめてバイアグラを服用する際には医師による処方箋の発行が必須です。服用法や量をしっかり遵守して利用し、特に問題なく治療が進めた経験者のみ、通販の利用やジェネリック薬品の利用をするようにしましょう。ジェネリックとは、特許が切れた時点で、他の会社も同じ処方で作れる薬です。
まったく効果は同じなのですが、膨大な開発費用の負担がないため、オリジナルのバイアグラよりも安価に提供が可能になっています。ちなみにバイアグラのジェネリックでもっとも有名なのがカマグラゴールドです。こちらはインドの製薬会社が製造販売する薬で、バイアグラと全く同じ処方で製造されています。比較的、安価なため、バイアグラと同じくらいに人気を集めています。このバイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドも、バイアグラとほとんど同じ副作用を伴っています。
こちらも個人差はありますが、血流を促すという作用が様々な副次的効果を生みます。バイアグラと同様、効き目が薄れると同時に副作用も薄れていきますが、あまりにも症状が長引くようでは、医師に相談をしたほうが良いでしょう。その際には使用した薬のパッケージなどを用意して、きっちり説明してください。