ED治療薬の通販方法について

日本では薬局で購入できない

パートナーとの性行為もままならず、男性としての自信を失ってしまう恐ろしい病気、ED=勃起不全。心理的なものであったり、糖尿病など他の疾患によるものだったりと様々な要因がありますが、一般的なEDは、すなわちペニスに血液が流入されづらい状況になっていることが原因になっています。その阻害要因であるPDE5という酵素の働きを抑える薬剤の服用による治療が一般的となっています。
ということは、薬局でED治療薬を購入して自己治療に当たればよいのかといえば、そういうわけにはいきません。なぜなら、ED治療薬は日本においては、医師の処方箋がなければ購入ができないシステムになっているからです。とはいえクリニックや病院で診断を受けて、症状や原因を確定し、それに見合った薬を処方してもらうわけでなく、患者の目的に合わせて選ぶというのが一般的。例えば、効果が持続する時間が長い方が良いのか、価格で選ぶのかなど、それは個人の選択意思によります。ということは、別にクリニックで処方してもらわなくても良いのでは?と思いますが、日本の薬事法上では、医師の指導の下で購入する医療用医薬品に分類さているため、普通の薬局で取り扱うことができません。

通販購入が可能な理由

しかし、働き盛りのサラリーマンは、クリニックに通院するのは非常に時間的に難しいですし、通院していることが周囲の人間に知られたら非常に恥ずかしいですよね。そこで活用したいのが通販です。なぜ薬局で購入できない薬が通販で購入できるのか?不思議ですよね。それは、アメリカをはじめとする諸外国では、ED治療薬が処方箋なしで自由に販売することが可能となっており、これら海外の治療薬を個人的に輸入してネット上で販売する個人輸入サイトが存在するからです。
個人輸入のサイトの多くが、正規品と同等の効果を有しながら価格が安いジェネリック薬品を扱っています。ジェネリックとは、正規品の特許が切れたことで、他の製薬会社が同じレシピで製造した薬を指します。代表的な例でいえば、バイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドはよく知られている薬ですし、世界中で愛用されている、信頼性の高いジェネリックです。
これらのジェネリック、あるいは正規品を安価に販売している個人輸入サイトはたくさんありますし、利用者もたくさんいるポピュラーな購入方法と言えます。なんといっても価格が安いですし、いつでもどこでも、スマートフォンひとつあれば購入が可能な利便性の高さが最大のメリットと言えます。

悪質な通販サイトに注意

特に、一度、クリニックに通院した経験があり、処方薬を服用した経験があるのであらば、ネット通販でED治療薬を購入するハードルは非常に低くなると思います。以前に服用した同じ薬を購入すれば、安心して服用できます。もちろん、初めての人も購入可能ですが、服用上の注意をしっかり掌握するべきでしょう。特に、服用量、タイミングについては厳密に守った方が効果を実感できます。輸入品だと説明書きも英語ですから、読めない恐れがあります。しかし、WEBサイト上に服用上の注意についての情報はあふれていますから、それを熟読してください。親切なサイトは説明書きの和訳を添付してくれます。
注意が必要なのは、そのサイトが偽物をあつかっていないかどうか。まれに悪質なサイトがあり、粗悪な偽物を販売するケースもあります。値段の安さにつられてはいけません。口コミをみたり、利用者レビューなどをチェックして購入すべきでしょう。通販で購入すると、注文から1週間から10日ほどで薬が手元に届きます。プライバシーの保護の配慮がなされ、商品梱包からは内容がわからないようになっているため、安心て注文することができます。