これってED?勃起不全(ED)の症状をセルフチェック!

EDと判断できる症状の基準

EDとは勃起不全、すなわち男性の性器が硬くならない、元気にならない等の症状が現れるれっきとした病気です。ところが、このED、どこからがEDでどこまでがEDでないのか、その境界線が曖昧な病気だったりします。

ごく普通に社会生活を送っている男性でも、時折、自分の性器が元気にならない状態もあります。たとえば、仕事が多忙で疲れていたり、何となく気乗りしないままにパートナーとの性行為に及ぶなど、なかなか性的興奮を得られずに、勃起しなかったり、性行為の途中で性器が萎えてしまったり…。そんな状況は往々にしてあるかと思います。そんなことが一、二回起こったところで、すぐにEDでは?と判断するのは早計です。

性器の状態と精神状態は密接な関係にあります。バイオリズムとともに、性器の状況も日々刻々と変わっていきます。しかし、そんな状態が何度も続いて、長期にわたったとしたらEDの疑いがあると考えて差し支えないでしょう。まずは近所のクリニックなどで相談してみてください。

確かに、自分の下半身事情を病院で相談するのは恥ずかしいと思うかもしれません。しかし、放っておいたら、いつまでたっても改善されず、大切なパートナーとの性行為を楽しむことができなくなってしまいます。

EDと診断する指標

実は、EDと判断すべき指標が用意されています。

IIEF5 日本語版

最近6ヶ月で
Q1.勃起を維持する自信の程度はどれくらいありましたか? 非常に低い 1
低い 2
普通 3
高い 4
非常に高い 5
Q2.性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか? 全くなし、またはほとんどなし 1
たまに 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回 4
毎回またはほぼ毎回 5
Q3.性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか? 全くなし、またはほとんどなし 1
たまに 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回 4
毎回またはほぼ毎回 5
Q4.性交中、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか? ほとんど困難 1
かなり困難 2
困難 3
やや困難 4
困難でない 5
Q5.性交を試みたとき、何回満足に性交できましたか? 全くなし、またはほとんどなし 1
たまに 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回 4
毎回またはほぼ毎回 5

合計点でED状況を判別

重症:5~7点
中等症:8~11点
軽症~中等症:12~16点
軽症:17~21点
EDなし:22~25点

たとえば、挿入するには十分の固さがあるが完全でない状態から、挿入できない、大きくなるが固くならない、大きくならないなど段階があり、どんどん状態が悪化する可能性があります。まずは、この指標を元に自己判断し、EDの可能性が考えられるのであれば、クリニックで検査をしてみてください。

診断は、これまでの症状や病歴、薬のアレルギーの有無などが調べられます。専門のクリニックであれば睡眠時の勃起の状態を測定したり、エコーによって性器にどのくらいの血流があるのか測定するケースもあります。他にもEDの疑いがある症状があります。女性器を相手にすると勃起できないが自慰ならば勃起する場合、これは心因的なEDと診断されるかもしれません。あるいはあまりにも自慰の回数が多いと、性器が刺激を受けづらい状態になり、性行為の時に勃起しない場合もあります。

また、加齢を原因とするEDの場合、パートナーに対して性的興奮を覚えることができなくなったり、あるいは性行為の途中で中折れしてしまったり、以前よりも勃起が持続できる時間が短くなったり、そんな場合もEDの疑いがあると考えられます。

EDと朝勃ちの関連性

EDになる兆候として朝勃ちの関連性があります。アンドロゲンという男性ホルモンとも呼ばれる性欲を高める成分が少なくなると、勃起力が低下していきます。この男性ホルモンであるアンドロゲンの内95%の大多数を占めるのが、エストロゲンであり、近年話題に上がる男性の更年期障害に直結してきます。エストロゲンが急低下すると、女性でも有名な更年期障害が男性にも実は起きています。女性の場合は閉経があるため、更年期障害を実感できるのですが、男性の場合明確な症状がないため、今まで話題に上がることがありませんでした。

睡眠時も勃起する

この男性の更年期障害に、性欲の低下があります。性欲が低下してくると、朝勃ちをしなくなります。健康的な40代の男性は、睡眠中の1/3は勃起していると言われています。この朝勃ちは、睡眠サイクルと連動していて、朝勃ちするのはレム睡眠時となります。ノンレム睡眠時には、勃起していないので、このタイミングで目が覚めた場合は勃起していません。この睡眠時に勃起するメカニズムを利用して、本格的なED検査となる、夜間陰茎勃起現象(NPT)測定を行ったりもします。この検査で異常が出た場合は、勃起自体ができない身体的な要因(器質性勃起障害)によるものであると、診断されます。1週間以上も朝勃ちの自覚が無い場合は、注意が必要になります。

男性ホルモンの低下で朝勃ちしなくなる

朝勃ちをしなくなってしまうと、EDの可能性が非常に高くなります。男性ホルモンは20代前半をピークとして徐々に低下していき40代中~50代にかけて急低下します。特に若い年代でまったく朝勃ちをしなく、EDの自覚症状が強い場合は、危険な病気の可能性がありますので、医師に相談してみるのをオススメします。

EDの症状を正しく伝える

確かに、勃起しない、勃起が続かないなど症状は共通ですが、その原因は様々です。40~50代の男性は、いわゆる男性の更年期を迎えることとなり、男性ホルモン値が低下し、男性機能的も精神的にも、勃起を維持することが難しくなります。

勃起というのは、性的興奮を覚えて、その信号が神経を伝わって性器に到達。性器の血管が拡張されて血液が流れ込み、その周辺の海綿体に血液が充満して性器が膨らむというメカニズムを有しています。それらに関わる器官がなんらかの障害を受けている場合にEDが起こります。ですから、まったく勃起しないとか、明らかに病的な場合には、性器というよりはむしろ、循環器や神経系に障害があることが考えられます。

こういったケースにおいては、さらに深刻な状況なので、総合病院で診断を受けた方が良いかもしれません。どのような病気でもそうですが、病状が進行する前に治療にはいるのが完治への近道になります。自己判断せず、原因を特定して対処するべきなので、どのような症状に悩まされているのか正確に伝える必要があります。恥ずかしいかもしれませんが、しっかり医師に症状を伝えて相談してください。

ED治療薬お試しセット

ED治療薬お試しセット
世界で最も広く使用されているED治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を3種類を1箱ずつ詰め合わせ それぞれ個別に購入するよりも圧倒的に安いお得なセット商品です。

評価:4.4

    セット内容
    バイアグラ100mg:1箱(4錠)
    レビトラ20mg:1箱(4錠)
    シアリス20mg:1箱(4錠)
    合計3箱 12錠
販売価格:16,980円
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
送料:無料
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。