ED治療の最先端 - 病院に行かなくてもEDは治せる

EDの治療は専門クリニックで

EDは、勃起不全と呼ばれる男性特有の病気です。パートナーとの性行為の途中で、性器が萎えてしまう、あるいは最初から勃起しないなどの症状が現れます。体調や疲労度、精神的な影響で一時的にそういった状態が現れるケースもありますが、これが何度も続いて習慣化するようになると、EDの疑いが考えられます。ED治療専門のクリニックや病院に行って、しっかり診断を受けた方が良いでしょう。

もちろん、原因によっては異なりますが、基本的には早期に発見すれば、治療も可能です。確かに、勃起しなくなったと医師に相談するのは恥ずかしく、抵抗があるかもしれません。しかし、結婚していたり、交際していたり、まだまだ十分に若い年齢で、この先もパートナーとの性行為を続けるのであれば、やはりしっかり治療をしておくべきでしょう。

EDの治療は、基本的に専門クリニックで行います。「ED治療 クリニック」と検索すれば、いくつものクリニックが見つかります。通院しやすく、評判の良いクリニックを選びましょう。自宅の最寄り駅や会社の最寄り駅では、世間の目が恥ずかしいというのであれば、通勤経路や無理なく行ける所で探すのもありでしょう。主要都市やターミナル駅の周辺には、ED専門のクリニックがありますので、比較的簡単に見つけられます。

クリニックでの治療内容

それでは、ED治療専門クリニックを受診した場合、どのような診察内容になるか気になると思います。自分の男性器を見せないといけないと、お思いの方も多いのではないでしょうか?

病院やクリニックでの診察の基本は、カウンセリングです。EDなのか否か、EDなら重度か軽度かの診断する問診表に、有名な国際勃起機能スコアがあります。ED診断の際に補助的な資料となります。内容としては、どのくらいの頻度で勃つ、勃たないのか等になります。この指標はEDの症状のページで紹介しています。
これ以外にも身体的要因かどうかを判断するために、病歴等も聞かれるかもしれません。このような、患者の勃起状況や勃起を妨げる病気がないかをヒアリングするのが基本となります。その為、殆どの場合は性器を見せることはありません。

EDの検査内容

ヒアリング以外の検査方法として、血圧測定や男性ホルモンの値を調べる検査もあります。精密検査の1つに、睡眠中の勃起状況を調べる検査もあります。これは、大病や怪我により血液や神経、脳等に異常があり全く勃起ができないのか、過度のストレスなどによる心理的要因によるEDなのかを調べる検査となります。ここまでの精密検査は非常にまれとなるそうです。

投薬によるED治療

ED治療のメインとなるのは、投薬による治療です。ED治療薬として有名なバイアグラをはじめ、次々と開発されてきたレビトラやシアリスなどが処方されて、医師と相談しながら経過を確認していきます。治療薬はそれぞれに特徴があるので、症状や使用シーンによって変わってきます。EDには様々な症状や、原因、進行度があり、それによって大きく治療法が変わってきます。たとえば、糖尿病など他の疾患が原因となっている場合や男性の更年期障害、あるいは心理的なものもあります。まずは、EDという現状に照準をあてて、薬を処方してもらって、性行為を楽しむという手と、もっと根源的な原因を見つけだして根治に努めるという考え方もあります。

原因によって治療方法が変わる

もしEDの原因が精神的な要因によるのであれば、心理カウンセラーによる治療が必要です。心理的なトラウマやストレスを解消していくことで、勃起の障害となる要因を取り除き克服していきます。また糖尿病や事故の怪我等による骨髄や脳、神経の病菌が原因であれば、その病気自体を治療する必要があります。また近年、注目を集める男性の更年期障害も総合的な診療が必要です。この男性の更年期障害は男性ホルモンの低下によるEDや不眠症だけでなく、仕事や趣味など何事にも対してもやる気を失ってしまううつ病も誘発します。EDの原因を追求して治療していくためには、病理的アプローチと心理的アプローチの両方が必要になります。最近では男性更年期専門のクリニックが登場し、週刊誌などで話題を呼んでいます。更年期障害が気になる方は、一度受診してみましょう。一般的な検査なら保険適用されますが、より精密な検査になると項目よっては保険適用外になりますので、事前に医療機関に問い合わせしてみると安心できます。

EDクリニックでのED治療は保険適用外

クリニックでの診療は基本、保険適用外の自費治療となります。EDの原因が神経の疾患であったり、糖尿病や更年期障害の場合、ケースによっては保険が適用される場合もありますが、基本的には全額自己負担となります。処方箋でもらうED治療薬も同様です。理由としては、ED治療をしなくても、基本的な日常生活に支障をきたさないからとのことです。SEXができることで、「生活の質」は向上しても「生活できなくなる」訳ではないという認識になっています。

各都市のクリニックで処方されるED治療薬の料金相場

エリア バイアグラ50mg シアリス20mg
東京 1,290円~1,500円 1,790円~2,100円
札幌 1,300円~2,500円 1,530円~2,500円
仙台 1,400円~2,000円 1,940円~3,000円
名古屋 1,300円~2,000円 1,500円~2,400円
大阪 1,300円~2,000円 1,500円~3,000円
福岡 1,300円~2,000円 1,500円~3,500円

※当サイト調べによるED治療薬1錠あたりの金額

この金額は東京と地方都市でも変動します。東京のクリックの平均相場がバイアグラ50mg1錠1,500円前後のところ、仙台のクリックでは1錠1,400円~2,600円と高くなっています。また、地方都市のクリニックの場合、初診料がかかるところが多く、病院によってはED治療薬を10錠単位でしか処方してくれない所もあります。1度診察して処方箋を出してもらうだけで、20,000円近くかかってしまう場合もあります。

また大都市のターミナルにあるクリニックでは、診察料や処方料をとらないことをうたい、集客を狙っているクリニックもあります。もしクリニック等での診察を検討している方は、事前に調べておくと安心できます。お金はある程度持って行った方が、多めにED治療薬が欲しい場合も。余裕をもって支払いが可能になります。

金額がバラバラな理由

国内で処方されるバイアグラ等のED治療薬は、実は金額が決まっていないのです。自由価格の為、クリニックが金額を独自に設定できるため、ばらつきが生じているのです。また多くのクリニックでバイアグラのジェネリック薬を取り扱っていますので、上記の表より安く購入できるクリニックもあります。

1錠からだしてもらえる医療機関もある

保険適用外となるクリニックを受診するメリットとしては、ED治療薬を1錠から処方してもらえる点があげられます。これは受診する医療機関によって異なりますが、調べてみた限り1錠単位で処方してくれるクリニックがたくさんありました。初めてED治療薬を使う場合、とりあえずバイアグラ・レビトラ・シアリスをそれぞれ1錠ずつ処方してもらえば、日本においても世界でもメジャーなED治療薬を全種類試せるメリットがあります。通販サイトで購入する場合は、1箱もしくは1ケースからの販売となるため、ED治療薬をお試しで使いってみたい場合は、クリニックで診察を受け処方してもらった方が、合計金額が安くなる事があります。その際は、受診するクリニックについて調べたり直接電話で問い合わせをしてみましょう。

しかし病院処方の場合は、必要量しか出してくれません。薬が切れて再診すると、再診料がかかるクリニックもあります。そのため、まとまった量が欲しいという方は、薬の単価が安い通販サイトを利用するのをオススメします。

通販サイトから購入すれば手間がかからない

先述の通り、年齢的な衰えからくるED治療は、保険適用外となります。その為、体の疾患が無いと分かっている状況でしたら、ED治療薬をもらうだけの為にクリニックを受診するくらいなら、通販サイトからバイアグラやシアリス等を直接購入した方が、時間的な手間や初診料や診察料などがかからない分、メリットが多いのではないでしょうか。また、まとめ買いをすることで薬代も安くなり、必要な量を好きなだけ購入できるので、通販サイトから購入する方をオススメします。特に非常に愛好家が多いバイアグラのジェネリック薬カマグラゴールドは、日本では処方してもらえません。この薬は、薬効も非常に優れていて、なおかつまとめ買いをすることで最大75%割引になり、1錠あたり145円と大変お得に購入できます。高品質な上に安価で購入できるため、世界中で非常に人気の薬となっています。

ED治療薬お試しセット

ED治療薬お試しセット
世界で最も広く使用されているED治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を3種類を1箱ずつ詰め合わせ それぞれ個別に購入するよりも圧倒的に安いお得なセット商品です。

評価:4.4

    セット内容
    バイアグラ100mg:1箱(4錠)
    レビトラ20mg:1箱(4錠)
    シアリス20mg:1箱(4錠)
    合計3箱 12錠
販売価格:16,980円
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
送料:無料
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。