バイアグラの副作用 - どんな症状?危険性は?

バイアグラ100mg

バイアグラ100mg

バイアグラは、1998年にアメリカで承認された世界初のED治療薬です。知名度も抜群な薬です。

バイアグラ100mg:6,980円

製造元:ファイザー社
主成分:シルデナフィル
1箱4錠入 1錠あたり:1,745円
勃起の硬さイメージ
勃起時の硬さ
★★★★★
カティンコティン級

服用後30分程度で効果を発揮し、4~5時間程効果が持続します。こちらは外国の男性向けの1錠100mgタイプなので、比較的小柄な日本人が使用する場合は、1錠を半分にカットして使用することで、国内で流通しているバイアグラと同じ分量となります。

評価:4.3

9割の使用者が副作用を体感

バイアグラはED治療に大変効果が高い薬として、これまで世界中の男性たちを救ってきました。その効果は、1998に発売になって以来、今も変わらず多くの男性の支持を集めている点からしても理解できると思います。バイアグラ以降、いくつものED治療薬が発売されましたし、そのどれも一定の評価を集めているのですが、やはり世の中に初めて登場した勃起不全治療薬として、世界中の男性に与えたインパクトが大きいのでしょう。

性行為の途中で性器が萎えてしまう、そもそも最初から堅くならないなどの悩みを解決してきたバイアグラですが、効果が高いその反面で、副作用の報告もあがっています。それほど重度な副作用ではないにせよ、バイアグラを使用した多くの男性が何らかの副作用を体感しており、ある医療機関の調査では利用者の実に9割の男性が副作用を体感したというデータが残されています。

国内の症例結果

製薬会社の資料によるバイアグラの症例結果は、下記の通りとなっています。

承認時の臨床試験での副作用発症件数

157例中65例(41.4%)

市販後の調査での副作用発症件数

3152例中166例(5.27%)

上記は試験の結果であって、安全性を保証するものではありませんが、仮に副作用が出たとしても、性行為に支障をきたすような副作用は無いと言われています。血流を良くする効果があるだけに、弊害があるのはしかたが無いとも言えます。

バイアグラの副作用

副作用の主な症状

血管拡張(ほてり・潮紅)
頭痛
消化不良
動悸

バイアグラの副作用のほとんどが顔のほてりや頭痛、動悸といった循環器系の副作用です。これらは、ある意味でバイアグラが身体に作用していることを示す、効果の現れとも捉えられます。ほとんどの場合、それらの副作用は軽微なものなので心配はありません。言うなれば、それはバイアグラが効き目を発揮している時だけに起こる副作用で、効果の消滅とともに自然に引いていきます。

血流をよくして勃起しやすい環境を作るというメカニズム上、目の充血や消化管に血が流れ過ぎることによって発生する消化不良や下痢などを引き起こす可能性もあります。さらに鼻づまりや視覚障害などの副作用があることも報告されています。

バイアグラの効果が継続するのは、およそ5~6時間程度です。上記の副作用はいずれも、性行為を行う上ではそれほど邪魔になるモノではありません。あまり気にせず自然に収まるのを待つべきでしょう。あまりにも長く副作用が続くようであれば、即刻服用をやめて医師に相談するようにしましょう。医師に相談する際には、どのような状況でバイアグラを服用したのか正しく伝えてください。もしかしたら服用の仕方を間違えているかもしれません。特に最近は、インターネットの個人輸入サイトを経由して、安価なバイアグラを購入するケースもあり、使用説明書が英語であるため、しっかり読まずに服用するというケースが散見されています。規定量以上のバイアグラを服用すると、当然、身体への負担も強くなり、副作用も強く、長引く可能性が生じます。

バイアグラの部位別副作用

循環器
血管拡張・胸痛・動悸・頻脈・高血圧・不整脈・不完全右脚ブロック・末梢性浮腫・心筋梗塞注・低血圧・失神
精神・神経系
頭痛・めまい・傾眠・昏迷・異常感覚・下肢痙攣・記憶力低下・興奮・緊張亢進・錯乱・思考異常・神経炎・神経 過敏・神経症・不安・不眠症・無気力
肝臓
AST(GOT)増加・ALT(GPT) 増加・LAP上昇・LDH増加・血中トリグリセリド増加・γ-GTP増加・血清リン脂質上昇・血中アミラーゼ増加・血中アルブミン 減少・血中ビリルビン増加・総蛋白減少
消化器
悪心・胃腸障害・口渇・消化不良・腹痛・おくび・胃炎・胃不快感・下痢・口唇乾燥・舌障害・白舌・腹部膨満・便秘・嘔吐・嚥下障害
泌尿・生殖器
陰茎痛・射精障害・朝立ちの延長・半勃起持続・勃起の延長・持続勃起・尿路感染・前立腺疾患
呼吸器
鼻炎呼吸障害・鼻閉・咽頭炎・喘息・鼻出血・気道感染症・副鼻腔炎
筋・骨格系
関節痛・筋肉痛・骨痛・背部痛
皮膚
発疹そう痒症・眼瞼そう痒症・脱毛症・男性型多毛症・発汗・皮膚乾燥・皮膚障害・紅斑
血液
ヘマトクリット減少・ヘマトクリット増加・ヘモグロビン減少・リンパ球減少症・リンパ球増加症・好酸球増加症・赤血球減少症・赤血球増加症・白血球増加症
感覚器
眼充血・結膜炎・彩視症・視覚障害・眼乾燥・眼痛・屈折障害・光視症・味覚異常・味覚消失・流涙異常・羞明・霧視・視力低下・網膜出血・網膜静脈閉塞・突発性難聴
その他
C K ( C P K )増加・疼痛・熱感・BUN増加・インフルエンザ症候群・リンパ節症・血中ナトリウム減少・血中リン増加・体重増加・血中尿酸増加・ウロビリノーゲン陽性・尿中・ブドウ糖陽性・尿中赤血球陽性・尿中蛋白陽性・疲労・無力症・過敏性反応・感染症

主な副作用以外の副作用は、どれも1%未満の非常に低い確率です。起こり得る副作用という認識で把握しておくだけでも、もしもの時に迅速な対応が可能となります。もし、上記表にあるような副作用が起きた場合は、必要に応じて減量や服用中止をしたりして、適切な対応をしましょう。

※参照資料 ファイザー株式会社 バイアグラ錠25mg

バイアグラのジェネリックの副作用

基本的には、はじめてバイアグラを服用する際には医師による処方が必須です。服用方法や用量をしっかり遵守して利用してください。副作用など特に問題なく服用できた経験者のみ、病院に行かずに通販サイトから直接購入したり、ジェネリック薬に切り替えたりする方が、副作用等のリスクを軽減することができます。

ジェネリックとは、特許が切れた時点で、他の会社が同じ成分で作った薬のことです。まったく効果は同じなのですが、膨大な開発費用の負担がないため、オリジナルのバイアグラよりも安価に提供できます。ちなみにバイアグラのジェネリックでもっとも有名なED治療薬が、カマグラゴールドです。こちらはインドの製薬会社が製造販売する薬で、バイアグラと全く同じ成分で製造されています。バイアグラよりも断然に安価に購入できるため、バイアグラと同じくらいに人気を集めています。このバイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドも、バイアグラとほとんど同じ副作用を伴っています。

血流を促すという作用が、個人差はありますが様々な副作用を生みます。バイアグラと同様、効き目が薄れると同時に副作用も薄れていきますが、あまりにも症状が長引くようでは、医師に相談をした方が良いでしょう。その際には使用した薬のパッケージなどを用意して、きっちり説明しましょう。

バイアグラ100mg

バイアグラ100mg
バイアグラは大手製薬会社ファイザーが1998年にアメリカで販売開始した、世界初のED(勃起不全)治療薬です。日本でも圧倒的な知名度を誇り、ED薬の代名詞的存在となっています。服用後30分程度で効果を発揮し、4~5時間程効果が持続します。しかし、重度なものでないものの使用者の9割の方が副作用を実感しているというデータもあります。素晴らしい効果を期待できる反面、合わない人もいますので、使用の際には注意が必要です。

評価:4.3

内容量:1箱4錠
販売価格:6,980円
決済方法:カード 銀行振込
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で11月27日(月)に届きます。

ボタンをタップすると、あんしん通販薬局に移動します。